結婚前に調べるとよい相手の身元

これは私の母の話なのですが、高校生くらいの時にある男性が突然家を訪ねてきたそうです。そしてその男性は、自分はとある仕事をしていて情報を集めています。近所に住む○○さんについて教えてほしいのですと来たそうなのです。

その瞬間、母はピンと来たそうですね。あ、これは興信所だなと。実は昔はこうした情報収集がなされていたそうで、例えば結婚や就職などの場合には割と平然と行われていたそうですね。母が懐かしそうに話しているのを聞いて、昔は本当に興信所を雇って身元調査をしていたのだなと思いましたよ。

とは言え、やはり現代においてもこうした身元調査は行われているのかなと思っていますけどね。何故ならば、結婚相手の素性を結婚後に知ってしまったとなると後の祭りですし、下手に離婚をすれば戸籍に傷が付くだけになってしまいます。

就職でも同様ですよね。面接は大なり小なりキャラを作って臨みますので、真正面から表情や言葉を受け取ってもそれはそれで怖くもあります。それであるのならば、普段はどのような生活を送っているのかを興信所に調べてもらうのがある意味で危機回避に繋がりますよね。入社してきたは良いものの、それが前科者であったり素性の悪い者であった場合は企業も対応策を考えなければなりませんからね。

このように、現代でも興信所による情報収集は必要だと思うのです。特に巷では会社へ入社後、思っていたような人間ではなかったと嘆かれてしまうケースが多くなっています。

結婚であればある程度の期間を交際期間に充てられますが、就職ともなればそうはいきませんからね。だからこそ、身元調査は重要なのだと思いますよ。

昔は本当に興信所を雇って身元調査をしていたんだなと思いました